210-3痛覚閾値

intercross-200
3.
痛覚閾値

温度差別閾値を算出するプログラムです。
指定ベース温度からプローブ温度が上昇(下降)し、被験者温冷覚または痛覚自覚時に温調が反転するプログラムです。
指定回数の刺激を繰り返し温度上昇側自覚温度及び温度下降側自覚温度の平均値、標準偏差、温度差別閾値を算出します。

特徴

極めてオーバーシュートの少ない温調で、自覚スイッチ動作時すぐに温度が反転し、自覚以降に被験者皮膚に刺激を与えません。

ベース温度  0.1℃単位に任意に設定可能
温調速度   0.1℃/sec~ 5℃/secまで選択可能

測定画面

測定画面
*画面は開発中のものです。

生理計測評価一覧

New call-to-action

 

New call-to-action

 

New call-to-action

 

New call-to-action

 

New call-to-action

 

New call-to-action

 

New call-to-action

 

New call-to-action

 

New call-to-action

 

New call-to-action

生理計測基礎の動画公開中★

New call-to-action

ご要望に合わせて、提案させていただきます

New call-to-action
ページ上部へ戻る