NEW<温冷覚・温冷痛覚>intercross-211

皮膚感覚の定量化と異常感覚の原因探査

  •  医療機器をベースにした信頼性
  •  豊富なソフトウェアで広がる拡張性
  •  動物から人試験まで可能なプローブラインナップ

 intercross-211は医療機器である New call-to-action

を基にして研究機器として再設定した製品です。

ソフトウェアのフレキシビリティおよび使用可能なプローブ種類の豊富さなど研究機器としての個性を有します。

 

 intercross-211は、ペルチェ素子と熱流センサの組み合わせによる熱刺激および感覚閾値測定により

温覚・冷覚・温痛覚・冷痛覚などの多彩な皮膚感覚評価パラメータを検出します。

独自の方法である熱流方式は、制御および測定にも利用され、開始時温度を皮膚温度に合わせる役目や、

閾値としての測定値としても活用可能です。

弊社の装置を利用した感覚の評価は多くの研究者から指示され米国CDCをはじめ国内海外で多くの論文が発表されております。

Thermal Grill Illusion

 intercross-211は3つのペルチェ素子を個別にコントロール可能。

温刺激と冷刺激の同時刺激によりTGI(Thermal Grill Illusion)を実現。

Offset Pain relief

intercross-211はプローブ温度を任意に設定可能であり、かつ被験者が操作する

 VAS入力装置

 刺激温度とVAS数値を同時して測定・保存可能

  そのためoffsetと呼ばれるPain-Reliefが可能

製品本体:intercross-211 

 ディスプレイ一体型の本体は、持ち運び可能なサイズの装置です。

 医療機器であるintercross-220をベースにしているため安全対策や温度制度の信頼性も高い設計です。

 USBにてPCと接続されPCからの操作を動作します。

ソフトウェア:

  •  温冷覚閾値測定
  •  Pain Research
  •    痛覚刺激
  •  TGI《近日発売!》

生理計測評価一覧

!!!NEW!!!

CNVとは意識・注意・期待などの精神活動により変化する脳波で、
香りの覚醒効果や鎮静効果の評価等、幅広く利用されています。

New call-to-action

 

New call-to-action

 

New call-to-action

 

New call-to-action

 

New call-to-action

 

New call-to-action

 

New call-to-action

 

New call-to-action

 

New call-to-action

 

New call-to-action

 

New call-to-action

生理計測基礎の動画公開中★

New call-to-action

ご要望に合わせて、提案させていただきます

New call-to-action
ページ上部へ戻る