!!NEW!!<温覚・冷覚>温度覚用定量的感覚計 intercross-220

認証番号:303AFBZX00014000
管理医療機器 温度覚用定量的感覚検査機器 JMDNコード:38826000

Quantitative Sensory Testing

   温度覚用定量的感覚計 intercross-220


!!愛知医科大学痛みセンタ-・慈恵医科大学麻酔科・日本大学歯学部に研究委託し、開発!!

ペルチェ素子による温冷刺激提示

・2種類の温覚・冷覚の定量的刺激

・温度刺激部3分割によるTGI(Thermal Grill Illusion)刺激

・Offset刺激など多彩なプログラム、刺激と同時VAS入力

・タッチパネルで検査、トレーニング不要簡単操作

・測定データは本体機器に保存で安心

・本体保存データはWiFi経由で簡単に取出しデータベース化

 

研究用温冷覚痛み装置はこちらから↓

New call-to-action

 

~多彩な検査モード選択~

本体画面から検査項目をタッチして検査開始します

●専用アプリで簡単データダウンロード

 本体に保存されたデータはWiFi通信で専用のアプリを使用して端末に送信します

 WiFiはモード選択が可能

 親機モード ルーターとして機能

 子機モード 端末として直接PCなどに接続

 本製品は愛知医科大学痛みセンタ-・慈恵医科大学麻酔科・日本大学歯学部に研究委託し開発しました

 

刺激部

刺激部面積

23mm×38mmプレート 3枚 温度刺激部面積

温調範囲 10℃~50℃
温調速度 0.1℃/sec~3℃/sec 指定設定

 

開始モード
熱流束0モード(被験者皮膚温度) 温度指定

  

検査項目
2種類の温覚  2種類の冷覚  TSL
offset 検査  

                                                                

外形寸法・重量
本体寸法 幅250mm×高さ240mm×奥行き350mm
本体重量 約4Kg(本体のみ)

 

電気的定格及び機器の分類
電気的定格 単相AC 100V 消費電力 48VA
機器の分類 電撃に対する保護クラス クラスⅠ 電撃に対する保護の程度 B形装着部

 

New call-to-action

生理計測評価一覧

New call-to-action

 

New call-to-action

 

New call-to-action

 

New call-to-action

 

New call-to-action

 

New call-to-action

 

New call-to-action

 

New call-to-action

 

New call-to-action

 

New call-to-action

生理計測基礎の動画公開中★

New call-to-action

ご要望に合わせて、提案させていただきます

New call-to-action
ページ上部へ戻る