生理計測・解析サポートのご紹介(生理計測・生体信号計測・ニューロリサーチ)

人の気持ちが数値で表せたら・・・そんなことを考えたことはありませんか?
例えば良い香りと嫌な香りの区別や、「好き」「嫌い」でリラックスや集中力はどのように変化するのか?などを見える化するのが、生理計測・解析サポートです!
計測の相談・提案から実際の計測、解析まで一貫してサポートします。

《サポート実例:このような目的で用いられています!》
・食品の違いが【覚醒度】にどれくらい影響するか?
・どういった環境で人は【リラックス】できるのか?

・香りを嗅いだ時の【快・不快】を評価する

・筋肉の動きから製品の特長を評価する
New call-to-action

 

《なぜ人の心が分かるのか?》
脳波・心電・筋電といった生理データは、人の情動や心理と密接に結びついています。
生理データの計測・解析には、専門の知識が必要です。
弊社は長年にわたる生理計測のノウハウやデータの蓄積を基に、一貫したサポートを実現しています。

脳波計測の様子


時間・手間のかかる脳波電極の設置もスピーディに!
最適なプロトコルを作成し、測定。
計測後は得られた結果を基に解析を行い、レポートを提出。
(データ解析は研究者を交えて考察します。)

計測の相談・提案、お見積りは無料です。

chapter_01.gif

提案・計測・解析までを一貫してサポートするサービスです。
連続試験(連続5日間等)の対応も行っております。

生理指標の種類 ・脳波(リラックス/覚醒度/集中)
・心拍変動(興奮/リラックス/不快/快)
・筋電(筋肉疲労)
解析内容 ・脳波(β波、α波、Θ波、δ波)
※周波数区間は変更できます。ご相談ください。
・心拍変動(心拍数/RMSSD/CVrr/L/H)
・筋電(IEMG 筋疲労)
評価方法 解析内容を基に、生理指標を数値で判定します。
※脳波と心拍変動の評価においては、近年心理学において広まりつつある、ラッセルの心理空間図(ラッセル円環モデル(感情二次モデル、)Russell らの心理判断空間)を用いる場合もあります。
サポート日数 1日から連続5日程度まで対応しております。ご相談ください。
実績:1~5日程度/企業様
計測人数 ご要望に合わせて対応いたします。
実績:5人~20人程度/企業様

↓解析サポートの流れおよび実例を紹介しております。ご興味のある方はぜひご覧ください↓
New call-to-action

 

計測事例集
3種類の飲料を飲み比べて、被験者複数名の脳波と心拍変動をラッセル円環モデル様で解析
!事例集vol.1 無料ダウンロードはこちら!

詳細なお問い合わせにつきましては、下記よりお願いいたします。
相談、お見積りは無料になりますので、お気軽にお問い合わせください。


New call-to-action

生理計測評価一覧

New call-to-action

 

New call-to-action

 

New call-to-action

 

New call-to-action

 

New call-to-action

 

New call-to-action

 

New call-to-action

 

New call-to-action

 

New call-to-action

 

New call-to-action

生理計測基礎の動画公開中★

New call-to-action

ご要望に合わせて、提案させていただきます

New call-to-action
ページ上部へ戻る