着心地・皮膚温度・発汗量による生地物性と快適性評価 スキンモデルシステム

皮膚温度・発汗量の時系列変化を再現するスキンモデルシステム。

20㎝四方の熱板を模擬皮膚面とし、皮膚温度と発汗状態をプログラム可能なシュミレータ装置です。

本装置は文化学園大学・株式会社ワコールとの3者共同開発商品です。

 

発汗時の衣服内湿度を繊維により比較した図を下図に示します。

700_07.jpg

ページ上部へ戻る