リアルタイム解析ソフト intercross-311

intercross-200

chapter_01.gif

リアルタイム解析ソフトウェア

intercross-413/415とBluetoothで通信し、設定・波形描画・解析を実行するソフトウエアです。
各chの測定項目設定のほか電極間抵抗測定機能 画像同期機能 フィルタ設定機能などがあります。

任意chのFFTなどスポットでの解析機能を有します。
オプションにて心拍変動解析・脳波含有率・事象関連電位・筋疲労解析をリアルタイムに実行します。

解析オプション追加及びバージョンアップは日々行われていますのでチェックしてください。

intercross-311 バージョンアップ情報

chapter_07.gif

設定画面 通信機器選択
ch設定、ch毎増幅率、フィルタ設定、サンプリング周波数設定 など
表示 全ch波形表示、カーソル機能、1画面拡大表示(最大最小平均などの各種演算 FFT)
保存形式 バイナリー・テキスト
解析オプション 脳波含有率、心拍変動解析、筋疲労解析、リアルタイムERP、アンケート連携(感性評価)、ニューロフィードバック、ICA
機能 簡易電極間抵抗測定機能(intercross-415接続時画面)
電極間抵抗測定機能

■ 導出電極とリファレンス電極、それぞれの抵抗値を計測

複数台同時測定機能【2台】
トリガーの複数入力機能

■ トリガー複数入力 画面
(外部からのイベント2種類、アプリケーションからのイベント1種類に対応)
拡大画面
・選択した範囲の周波数解析機能
・選択した範囲の平均値、積分値計算機能
・2チャンネル比較機能

拡大画面 左 (白点線間のデータの周波数解析を実行)
拡大画面 右 (黄色線…1チャンネル、緑色線…2チャンネル)
チャート  チャートの自動スクロール機能
解析設定画面
デジタルフィルター
再フィルター機能

chapter_08.gif

心拍変動解析

心電図波形からR波を検出・心拍数グラフ表示するとともに、自律神経指標であるLF HF L/H RMSSDをリアルタイム描画

脳波含有率

指定されたchの脳波波形を周波数分析し、δ・θ・α・βの各成分比率をリアルタイムに表示。

動画機能

計測と外付けUSBカメラ同期機能

事象関連電位

リアルタイム解析はオプションです。刺激装置も各種そろえてあります。オフラインはintercross-320を用いて、事象関連電位の解析が実行できます。

ページ上部へ戻る