人の心を可視化 生理計測サポート

chapter_01.gif

計測から解析までをサポートするサービスです。

chapter_02.gif

実験プロトコル打ち合わせ

計測(技術者派遣)

解析(解析フォーマットによる解析)

※今後、アンケートと生体計測を連携したサービスも実施予定です。

[実例]

実験プロトコル打ち合わせにて、クライアントの知りたい情動(快・不快、集中・リラックス、ストレスなど)と情動を誘発させる刺激やイベントに合わせ、論文等を参考にし、「適切な電極の設置」「実際の段取り」「解析手法」の提案を行っています。

Case 1[脳波解析の例]

Case 2[心拍変動解析の例]

Case 3[2軸解析の例]

■ 解析レポートの例

ユーザ様へ提出する解析レポートの一部(例)です。

工作物に対する心理評価実験(Before)
測定日:2018年7月10日(火) 測定時間:10:30〜17:00 被験者:F20およびM20代 EEG(脳波)、ECG(心拍変動)

生体解析

脳波測定データについて

脳波を測定する際、どこに電極を設置するかで、わかる内容が異なります。例えば、右の図の[C3][CZ][C4]に設置した場合は「脳の左右差」、[FZ][CZ][PZ]に設置した場合は「脳の状態の平均」がわかります。

今回は、右の図の[FZ][CZ][PZ]に設置しました。

必要な脳波や心拍変動についての基本的な情報も記載しています。

■ 基本的解析方法

脳波の種類:周波数帯 状態
Δ(デルタ)波:0-4Hz 通常、睡眠時に現れる。目覚めている間の過剰なデルタ波は感情や認知の妨害になる。
Θ(シータ)波:4-8Hz 想像している時、考えている時、眠りはじめの時。課題実施時の過剰なシータ波は注意散漫の可能性がある。
α(アルファ)波:8-13Hz 目を閉じている間に優勢。リラックス、ボーッとしている時や、自分の内側に注意が向いている状態。
β(ベータ)波:13-40Hz 脳が活性化されていて、自分の外界に注意が向いている状態。課題に取り組むには最良の状態。

研究者により、α波やβ波をさらに細部に分割し解析を行う場合もあります。

■ 実験プロトコルの記載およびその解釈方法の記載(例)

工作物に対する心理評価実験について

実験プロトコル

被験者様10名を2つのグループに分け、測定を行った。前半グループは、陶器の皿に、決められたデザイン(弊社ロゴ)を描いてもらう。その後、昼休みを挟み、今度は木の皿に、決められたデザイン(前者同様)を描いてもらう。それらの状況下での脳波と心拍変動の動きを測定し、解析した。タスクの開始前後で、閉眼状態での脳波および心拍変動を測定し、タスク後での変化を確認した。

解析方法

静止時の閉眼・開眼状態を基準とし、各タスクでの脳波と心拍変動の変化を解析した。

現在の解析方法は、「Russell らの心理判断空間」といわれる2軸で情動を評価するモデルを採用しています。
また、クライアント様の社内発表等での「社内共通単語」やお客様へのプレゼンのための「お客様向け単語」と「生理計測単語」の整合性の確認・添削も必要に応じて対応しています。

図1引用文献 ”James A. Russell 他:表現表出の次元的文脈的観点,心理学評論, Vol.43, No.2, pp.161-176, 2000”
ページ上部へ戻る