人の心を可視化 生理計測・生体信号計測・ニューロリサーチを0からサポート

 

《サポートサービスのPOINT》

測定相談!決めておくべきことは、「知りたい感性だけ」!実験プロトコル作成いたします

測定!初めてでも大丈夫!弊社技術者や看護師スタッフがサポート 

解析:!解析方法がわからなくても大丈夫!測定したい感性に合わせて、解析内容をご提案し、解析結果をフィードバック

評価!裏付けのためのサポートもしっかりと!監修してくださる諸先生方の紹介や、その他の検査方法(唾液検査など)を実施

 

例えば、こんなことがわかります。

★「良い匂いの区別」

★「好き」がもたらす人への影響~リラックスする?集中力UPする?~

サポートごご利用いただいた企業様から大変ご好評いただいています

chapter_01.gif

計測・解析・評価までをサポートするサービスです。

連続試験(連続5日間等)の対応も行っております。

生理指標の種類 脳波(リラックス/覚醒度/集中)

心拍変動(興奮/リラックス/不快/快)

筋電(筋肉疲労)

解析内容 脳波(β波、α波、Θ波、δ波)

※周波数区間は変更できます。ご相談ください。

心拍変動(心拍数/RMSSD/CVrr/L/H)

筋電(IEMG 筋疲労)

評価方法 ラッセルの心理空間図(ラッセル円環モデル(感情二次モデル、)Russell らの心理判断空間)
サポート日数 1日から連続5日程度まで対応しております。ご相談ください。 実績:1~5日程度/企業様
計測人数 ご要望に合わせて対応いたします。実績:5人~20人程度/企業様

 

計測事例集
3種類の飲料を飲み比べて、被験者複数名の脳波と心拍変動をラッセル円環モデルに従って解析 !事例集vol.1 無料ダウンロード!

詳細なお問い合わせにつきましては、下記よりお願いいたします。


New call-to-action
chapter_02.gif

[実例]

実験プロトコル打ち合わせにて、クライアントの知りたい情動(快・不快、集中・リラックス、ストレスなど)と情動を誘発させる刺激やイベントに合わせ、論文等を参考にし、

「適切な電極の設置」「実際の段取り」「解析手法」の提案を行っています。

Case 1[脳波解析の例]

Case 2[心拍変動解析の例]

Case 3[2軸解析の例]

■ 解析レポートの例

ユーザ様へ提出する解析レポートの一部(例)です。

工作物に対する心理評価実験(Before)
測定日:2018年7月10日(火) 測定時間:10:30〜17:00 被験者:F20およびM20代 EEG(脳波)、ECG(心拍変動)

生体解析

脳波測定データについて

脳波を測定する際、どこに電極を設置するかで、わかる内容が異なります。例えば、右の図の[C3][CZ][C4]に設置した場合は「脳の左右差」、[FZ][CZ][PZ]に設置した場合は「脳の状態の平均」がわかります。

今回は、右の図の[FZ][CZ][PZ]に設置しました。

必要な脳波や心拍変動についての基本的な情報も記載しています。

■ 基本的解析方法

脳波の種類:周波数帯 状態
Δ(デルタ)波:0-4Hz 通常、睡眠時に現れる。目覚めている間の過剰なデルタ波は感情や認知の妨害になる。
Θ(シータ)波:4-8Hz 想像している時、考えている時、眠りはじめの時。課題実施時の過剰なシータ波は注意散漫の可能性がある。
α(アルファ)波:8-13Hz 目を閉じている間に優勢。リラックス、ボーッとしている時や、自分の内側に注意が向いている状態。
β(ベータ)波:13-40Hz 脳が活性化されていて、自分の外界に注意が向いている状態。課題に取り組むには最良の状態。

研究者により、α波やβ波をさらに細部に分割し解析を行う場合もあります。

■ 実験プロトコルの記載およびその解釈方法の記載(例)

工作物に対する心理評価実験について

実験プロトコル

被験者様10名を2つのグループに分け、測定を行った。前半グループは、陶器の皿に、決められたデザイン(弊社ロゴ)を描いてもらう。その後、昼休みを挟み、今度は木の皿に、決められたデザイン(前者同様)を描いてもらう。それらの状況下での脳波と心拍変動の動きを測定し、解析した。タスクの開始前後で、閉眼状態での脳波および心拍変動を測定し、タスク後での変化を確認した。

解析方法

静止時の閉眼・開眼状態を基準とし、各タスクでの脳波と心拍変動の変化を解析した。

現在の解析方法は、「Russell らの心理判断空間」「ラッセル円環モデルー感情2次元モデル」といわれる2軸で情動を評価するモデルを採用しています。
また、クライアント様の社内発表等での「社内共通単語」やお客様へのプレゼンのための「お客様向け単語」と「生理計測単語」の整合性の確認・添削も必要に応じて対応しています。

図1引用文献 ”James A. Russell 他:表現表出の次元的文脈的観点,心理学評論, Vol.43, No.2, pp.161-176, 2000”

 

計測事例集
3種類の飲料を飲み比べて、被験者複数名の脳波と心拍変動をラッセル円環モデルに従って解析 !事例集vol.1 無料ダウンロード!

ページ上部へ戻る