ラッセル円環様による空間心理評価

|人の感覚・感性の詳細を分析する

「ドキドキする」と言われても、その「ドキドキ」の解釈は場合によっては自他ともに難しいかもしれません。

苦手な上司と一緒にいる時の「ドキドキ」と、好意を持っている人と一緒にいる時の「ドキドキ」はきっと異なるでしょう。

|脳波、心拍変動を使用し、状態を客観的に評価する

「覚醒」「集中」などを脳波解析から、「自律神経評価」を心拍変動から評価することにより、より詳細な情報を得ることができます。

この心理評価には、ラッセル円環と呼ばれる感情2次元モデルを参考に当社では、解析を行っています。

生理計測とあまりなじみないマーケティングや商品評価などに活用していただいています。

 


《システム構成》

 

ページ上部へ戻る