痛み評価(QST)

Quantitative  Sensory Testing  (QST)

Intercross-210を使用してQSTを行います。

ベースラインから複数化の温覚・冷覚・温痛覚・冷痛覚・温冷覚間温度差を計測します。

特徴
極めてオーバーシュートの少ない温調で、自覚スイッチ動作時すぐに温度が反転し、自覚以降に被験者皮膚に刺激を与えません。

 

《システム構成》

Thermoception Analyzer  intercross-210

プローブ30㎜φなど     intercross-210-23

ソフトウエア 痛覚閾値   intercross-210-52

 

ページ上部へ戻る